前へ
次へ

手ぬぐいを使った洗顔で負担をかけず角質オフ

自分に合った洗顔料がなかなか見つからず、いろいろ試してもしっくり来ないという悩みは多いそうです。
洗顔料は無添加無香料が絶対に良いとは一概に言えませんし、肌の調子によっても合う洗顔料は変わってきます。
そこで昔の女性はどうしていたのかというと、手ぬぐいと石けんです。
マスカラなどしっかりめのアイメイクの場合は事前にオフするのがおすすめですが、なんとメイクをしたままでもできるというのもメリットでしょう。
まず、ぬるま湯で顔を洗ったら、濡らした手ぬぐいでメイクを拭い去ります。
その後石けんを手ぬぐいで泡だて、くるくると縁を描くように洗っていきます。
流水で十分にすすいだら終了です。
手ぬぐいは、無地のさらしを切って自分で作るのがいちばんよいかもしれません。
端をかがってしまうとそこに雑菌が残るため、切りっぱなしにしておきます。
肌が弱い人は角質を取り除きすぎるとヒリヒリすることもあるので様子を見ながら行うのがコツです。

Page Top